ずっといっしょに

胃癌サバイバーの旦那様をサポートするブログ

相方の不安定な体調管理の為に、昨晩より(私が)ヨガをはじめました

相方の喉の違和感がなかなか改善されません。そばにいてもツライほどです。

常に喉にピンポン球が詰まったような状態。それなのに呼吸もできるし食事も問題なく喉を通過していきます。まったく、これはなんなんだ!

喉違和感の正体。原因はどうやらストレスらしい

 

いろいろサイトを巡り、これって似ていると思った症状がこちら。

 

medicalnote.jp

ヒステリー球って名前も良くないですね。

ヒステリーっていうとキーキー独りで怒ってるイメージをどうしても思い浮かべてしまいますが、この場合はストレスが喉に居座っているような状態を示しているそうです。別名は咽喉頭異常感症。文字通り喉に違和感を感じるってことですね。

東洋医学では梅の実が喉に詰まるという意味で「梅核気」とも言うそうです。

文字を見て考えるとどういう症状かは解りやすいですね。

大変、うっとおしくてツライことが解ります。

 

抗癌剤副作用として出ているというよりストレスに身体が反応しているようにも思えますが、なんとも言えません。ただ相方の症状が「咽喉頭異常感症」に似ているというだけです。お医者さんも「副作用由来なのかどうかは解らない」という御診断です。

神経症状は確かに副作用として考えられるのですが、ほんとに難しく悩ましいですね。

 

こちらを読んでみると回復に必要なのは

・ストレスの発散

・自律神経を整える

 

やはりキーポイントはストレスのようです。しかし、そもそも胃癌なんて、ストレスの集大成みたいな病抱えてるから、そう簡単に噴き飛ばせそうにない…

本当に途方に暮れてしまいます。

 

私がヨガに注目した理由。できることからやってみよう

 

 

そんな時に 漫画家の崎田ミナさんが本当に鬱病にまで追い込まれるほどの

悲しみや多忙を、工夫とヨガで乗り切られた体験エッセイ&誰でもヨガできるぜレクチャー付きの良書に出会いました。

 

自律神経どこでもリセット!  も~っと ずぼらヨガ

自律神経どこでもリセット! も~っと ずぼらヨガ

 

 【この本のよいところ】

  • 解りやすい作画でヨガのポーズがキレイに決まる手順まで表現。
  • 目的のページを広げたら閉じないという親切設計
  • 朝、昼、晩のそれぞれの時間に行うのに適したポーズの紹介
  • ちょっと工夫した応用編も紹介
  • なによりエッセイパートの部分がふんわかして和む

 

さあ!みんなヨガをやるんだ!みんな元気になってしまえ!

というさわやかなプッシュ感が伝わってきます。

 

我が家には最大級の難関あり。運動嫌いの男にどう勧めたらよいのか?

 

ヨガのポーズのイラスト

 相方は運動が嫌いなタイプでした。長距離歩くなど体力勝負でテクニックのいらないことなら行うのですが、どうしても率先してスポーツをするとか、リフレッシュに励むとか・・・。水を飲みたくない人に無理に飲ませるのは無理なことです。

 

つきあい長いからよ~~~くわかっています。

 

ほんとは、こういう本を眺めてその気になってもらって、体内の循環をさらに

高めてもらいたいという妻心があるんですけども、自由意志が大切です。ですから

 

本人がその気になるまで私がやります。

ミラーリング効果 *1をご存じでしょうか

人は笑いかければ笑います。楽しそうにヨガを続ければ、ついついその気になるかもしれません。そう、その気になったもんが勝ち。まず楽しそうにヨガを始めましょう。

 

*1:好感を寄せている相手のしぐさ、表情あるいは動作を無意識に真似てしまったり、 自分と同じような仕草や表情を行う相手に好感を抱くような効果