胃癌サバイバーのダンナ様を絶賛サポート中。癒し、癒され、Love &Peaceな毎日。

ずっといっしょに

癌サバイバーの旦那様を絶賛サポート中!

ひなた的に抗がん剤治療前に読んで欲しい本のリニューアル版が出てるとよ〜!!

「2013年に患者さんの声から生まれた、初の入院、通院治療のサポート本」として出版された『抗がん剤治療中の生活ケアBOOK』という本が欲しかったんですが、amazonでも中古で2000円以上してまして。本のボリュームから考えても高すぎないか?と思ってあれこれ探し、出版元で発見したのが、リニューアル版として2017年9月に出版されたこちらの本です!

 

ドクターが教える 抗がん剤治療がラクになる生活術

ドクターが教える 抗がん剤治療がラクになる生活術

 

もう、速攻でポチッとクリック一発、amazonさん即日配送ありがとうございました!!!

 

読んでみて、まず思ったのは、もっと早く買えばよかった…です。

細やかに「患者さんの困った」について書かれてるとてもいい本です。

 

主人はガン患者の張本人なので、治療中や検診の時に先生や看護師さんから生活指導を受けています。ですが、毎回付き添ってない私のような家族は、ついつい注意を怠りがち。

具体的例を挙げると、冷たいもの食べられない時期にヨーグルトをレンジで温めないで食べさせようとしたり、日常うっかりは結構あるのです。(ダメじゃん)

大丈夫だから、平気だからを連発する夫の「本当のところ」を把握するのに役立ちます。本当に平気なのね、とか。何を手伝うといいのね、とか。

 

いろんな副作用のそれぞれの原因、少しでも楽に過ごす方法などが丁寧にありました。まだまだウチも抗がん剤治療続きますし、どんな副作用が突然出るかわかりません。薬別で出る可能性のある副作用をまとめて下さっていてわかりやすかったです。

 

血管痛のとこで、静脈ポートについて書いてなかったので、あれ?と思ったのですが、この本はあくまでも患者さんが自分で出来るケアの本なので

ポート埋め込みなどはお医者さんが判断して行うことだから書いていないんだろうなと思います。気になったのはそんな点でした。

 

抗がん剤治療中の生活ケアBOOK』が出版されたのは2013年です。

もう5年も前です。

5年もしたら、治療の方法も随分変化してると思いますし、良い緩和処置も、選択肢も増えていると思います。

主人が受けているゼロックス療法だって去年、保険適応になったばかりです。

5年前じゃ保険外だったわけですよね…。ますます治療方法として選択される方も増えると予想されます。

 

情報は絶対に新しい方がいい!!

こちらの本、おススメです。

古い方の本も大変評判がいいので私同様にお探しの方がいるかもです。

新しい方を買ってくださいねー!!!(大きい声)