胃癌サバイバーのダンナ様を絶賛サポート中。癒し、癒され、Love &Peaceな毎日。

ずっといっしょに

癌サバイバーの旦那様を絶賛サポート中!

抗がん剤投与時の患者さんが楽になるため必要だと実感した、たった1つのこと

睡眠ですっ!!!

 

一言で済んでしまった。

今日はこれだけ覚えて帰って下さい。

絶対に、処置前の日は十分お休み下さい。

全然違うから。と、抗がん剤治療中、胃癌の主人も申しておりました。

 

抗がん剤治療を効果的にするためにどうしたらいいのか?など

私、調べたんです(なんでも調べるな、こいつ)

ただでさえ負担のある抗がん剤を、どう効果的に効かせようかと

思うよね、思うでしょう、私は思った。

 

がん細胞は、正常細胞よりも糖分(ブドウ糖)を消費するので、糖分をカットした食生活を2日ほど続けてから(なんで2日なんだ?)抗がん剤治療をすると効果が高いという文を読んで、ほんとかしら!!とダンナ様に話したところ

 

「人間の身体は癌だけで出来てるわけじゃないぞ

脳なんてブドウ糖だけをエネルギー栄養素にしてるんだから」

 

と言い返され、あ~こういう「想い先行」から「行き過ぎたアレコレ」が生まれるんだなと大きく反省した次第です。

糖分を摂取することによりがんが進行することや、糖分の摂取をやめることでがんが縮小、消滅することを示した研究はありません。と「海外がん医療情報カンファレンス」でも紹介されています。

研究がまだないだけかもしれませんが、極端な栄養の摂取(偏りとも言えるような)を治癒に繋げるのは、安易に行うべきではなく、よほどの実績がなければ手を出すべきではないと、栄養士の私も思います。

栄養の偏りのほうが、患者さんにはよほど悪影響を与えると感じます。

 

先日、身体に埋め込みポートを取り付け手術を行い、病院に1日入院。

そして翌日すぐポートから抗がん剤を投与して帰宅してきたのですが

この回のルーチンが非常にしんどい回になってしまいました。

病院で一晩過ごしたのですが、まったく眠れなくて、帰宅してから3日ぐらい

顔が・・・顔色が、見たこともない黄色になってしまいまして・・・。

 

私は怖かった。

本人は怠いだけだと言ってましたが、側にいる人間は怖かった

ナメック星人みたいでナメック星人は緑ですけども)

 

その次の回では、ばっちり眠ってから投薬したので、神経ピリピリの副作用は出たものの、ナメック星人にはならず、心穏やかにルーチンを終えたのでした。

その回と比較して睡眠大事!と申し上げたいです。

睡眠です。いっぱいよく寝て、そして立ち向かいましょう。

今日も主人のパジャマをガシガシ洗って干してます。

コットンさらさら、おふとん、ふかふか。

気持ちよく眠ってもらえますよーに。

 


人気ブログランキング